独立は店舗物件選びから!?失敗しない物件選び方法

まずは条件を絞り込む

店舗物件を選ぶ場合、全ての条件を満たした物件は存在しないということをまず理解しましょう。時間をかけて妥協せずに探したとしても、それは同じです。潤沢な資金を生かして、土地から探して自分の理想どおりの店舗を建築する以外に、100パーセントの店舗物件は手にはいりません。独立初期に潤沢な資金がある方は本当に稀でしょうから、まずは、店舗物件選びでどの条件は外せないか、どの条件は外しても大丈夫か、自分なりに決めていきましょう。

条件がなかなか決められないときは

しかし条件の選別で迷宮入りしてしまうことは誰にでもあることですよね。では、どうすれば効率よく条件を取捨択一できるのでしょうか。それは、独立開業後のイメージをより具体的にしていくことです。競合する他店を視察に行くこともお勧めです。実際にお客さんの気持ちになって、他店にいった時に、サービスの良し悪しよりも、店舗に対して必ず良い点と悪い点がみえてくるでしょう。お客さん目線から店舗を捕らえることが出来れば、答えは見えてきたも同然でしょう。

条件を絞り物件も絞り込めたら周辺調査

大平原のど真ん中に、お城のような建物があり、そこで独立開業しても、よほど宣伝を行いマーケティングをしていかないとお客さんは来店しないでしょう。つまり、独立開業にあたりイメージどおりの良い物件がみつかったとしても、それより重要なことが、物件の周辺環境なのです。具体的には、人口密集率や駅からの距離、または人の動線、競合店の数などなど。立地条件が独立開業後の売り上げを大きく左右しますので、物件選びは、最後の周辺環境の調査にも力を入れましょう。

築年数が長い店舗物件を利用する際に古い設備を交換する必要が生じることがあります。入居者が勝手に設備の交換を行うのはトラブルの原因なので、小規模な設備でも必ず家主に連絡することが社会的なマナーです。